スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

主の教えに驚嘆し

「主の教えに驚嘆し」 使徒の働き13章4~12
天の父なる神さま。あなたの尊いお名前を心から賛美致します。本格的な暑さを迎えていますが、今週も私たちを礼拝の御座へとお招きくださったことを心から感謝致します。そして今私たちは、あなたのみことばを待ち望んでいます。どうぞこの時、心を静め、開かれた心をもって神の言葉に聴くことができますように、聖霊の助けをお与えください。語るこの小さな者をあなたがきよめてください。その欠けたところを聖霊なる神が補ってくださり、神のことばをまっすぐに解き明かさせてくださいますように。期待いたします。生けるみことばイエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン
アンティオキア教会は、聖霊の促しによって、バルナバとパウロを宣教のために送り出す決心をしました。そして二人は、教会のみなさんに派遣の祈りをしていただいて、いよいよ第一次伝道旅行に出発し、まずはアンティオキアの港セレウキアに移動しました。アンティオキアは、ローマ、アレキサンドリアに続く大都市でしたから、その港は多くの貿易船が出入りしてさぞにぎやかだったことでしょう。彼らはそのセレウキアの港からキプロスに向けて出港しました。キプロスといえば、バルナバの出身地です。実は5節に出てくる、助手として同行するヨハネもキプロス出身で、なんとバルナバのいとこでした。(コロサイ4:10)ヨハネはマルコとも呼ばれていて、前にも二度登場しているのですが、みなさん覚えているでしょうか。ペテロが投獄されていた時に皆がマリアという人の家に集まっていたのですが、そのマリアの息子(12:12)として一度目は紹介されています。また二度目はバルナバとパウロが救援物資をアンティオキアからエルサレムに届けた際に、本人が希望したのか、バルナバのスカウトだったのかわかりませんが、マルコと呼ばれるヨハネを連れてアンティオキアに戻って来たと書いてあります。(12:25)パウロの宣教スタイルは、いつも若い人を同行させるものでした。若い人に身の回りの世話をしてもらいつつ、弟子訓練をしていたのかもしれません。そう言えば水戸黄門もそうじゃないですか?助さん格さんを連れて、日本全国旅をして世直しに回っていましたね。
 さてキプロス島の東岸サラミスに着くと、パウロとバルナバは、まずはユダヤ人の諸会堂(シナゴーグ)で神のことばを語りはじめます。え…
最近の投稿

「神が召した働きに」(使徒の働き13:1-3)

「神が召した働きに」 使徒の働き13:1-3
エルサレムではヘロデ王によるキリスト教弾圧が起っていました。そしてまずは使徒ヤコブが剣で殺され、その後ペテロも投獄されました。ところが神さまは御使いを遣わし、不思議な方法でペテロを救い出してくださったのでした。そしてペテロ処刑の企てが失敗に終わったヘロデ王は、失意のうちにカイサリアに帰りました。そして大きな野外劇場で演説をしているさなかに、虫に食われて息絶えたのでした。
さて、舞台は再びアンティオキアに戻ります。アンティオキアの教会は、はじめは迫害によって散らされたユダヤ人クリスチャンによって生まれた小さな群れでした。ところがそこに多くのユダヤ人以外のクリスチャンが加わり、彼らの積極的な伝道によって、さらに救われる人が起こされ、その数は日増しに増えていきました。当初は異邦人の割合が増えて行くことに戸惑いを覚えたユダヤ人クリスチャンたちでしたが、エルサレム教会から視察のために派遣されたバルナバからお墨付きをいただいて、総本山とも言えるエルサレム教会からの認知も獲得することができました。教会は基礎が大事です。バルナバは急成長するアンティオキア教会の基礎を固めるために、当時タルソにいたパウロを呼び、まる一年の間、共に信徒教育に専念しました。密度の濃い一年だったでしょう。けれども別れは突然やってきました。ある時皆で祈っていると聖霊によってバルナバとパウロを世界宣教に送り出すようにと告げられたのです。今日の聖書箇所は、そんな一場面です。
13:1
さて、アンティオキアには、そこにある教会に、バルナバ、ニゲルと呼ばれるシメオン、クレネ人ルキオ、領主ヘロデの乳兄弟マナエン、サウロなどの預言者や教師がいた。

アンティオキア教会は、パウロとバルナバ以外にも素晴らしい預言者や教師たちがいました。ここにはバルナバとパウロ以外に3人の名前が出てきます。ニゲルと呼ばれるシメオン、クレネ人ルキオ、そして領主ヘロデの乳兄弟マナエンです。この3人の誰が預言者で誰が教師だったのかは聖書には書かれていないのでわかりません。ただ彼らは教会では指導的な立場にあり、今でいう牧師のような役割を果たしていたということは間違いないでしょう。「預言者」は文字通り、神のみことばを神さまから預かって解き明かす賜物を持っている人です。聖書から、また時には直接神のことばを聞き、それを教会…

「私はある」という方

「『わたしはある』という方」(出エジプト3:9-15)
お祈りします。 天のお父さま。御名が崇められますように。神の御国が来ますように。いつもと変わらぬ礼拝、しかし、生涯二度と繰り返すことのない今日というこの礼拝のひとときを感謝します。どうぞこの時、私たちが耳を澄ませて確かに、神の言葉を聴き取ることができますよう、聖霊の助けをお願いいたします。語るところの足らなさを、どうか聖霊なる神が補い、神の言葉の内にあなたと出会うことが出来ますように。生ける御言葉、イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン
はじめに  出エジプト記三章は、我らがモーセが神と出会う場面です。当時、イスラエルの子らは、エジプトの奴隷で、レンガ作りなどの強制労働に悲鳴を上げていました。かつてモーセは、そのエジプトのイスラエルの家に生まれましたが、不思議な導きでエジプト王ファラオの娘、つまり王女に拾われ、その息子として育ったことでありました。  王女の息子とはいえ、彼はやはりイスラエル人。成人の後、同朋イスラエルの苦しみを見るに見かねて助けようとするのです。しかし、あえなく挫折。今度は命を狙われる身となり、シナイ半島のミディアンという荒野に逃れ、そこで羊飼いとなり、すでに四十年の歳月が流れていました。  そんな落ちぶれたモーセに、三章冒頭で突然神が現れ、イスラエルを助け出せと命じていく。それが今日のストーリーの背景です。
 9-10節 今、見よ、イスラエルの子らの叫びはわたしに届いた。わたしはまた、エジプト人が彼らを虐げている有様を見た。今、行け。わたしは、あなたをファラオのもとに遣わす。わたしの民、イスラエルの子らをエジプトから導き出せ。
 この神の命令に、モーセはどのように答えていったのでしょう。英雄というイメージが強いモーセですが、意外や意外、彼は恐れおののき、尻込みしていく。  本日はそんな、恐れるモーセと神のやり取り、特に13-14節の対話に目を留めていきます。
1.「その名は何か」:問いかけるモーセの不安 13節 モーセは神に言った。「今、私がイスラエルの子らのところに行き、あなたがたの父祖の神が、あなたがたのもとに私を遣わされた」と言えば、彼らは「その名は何か」と私に聞くでしょう。私は彼らに何と答えればよいのでしょうか。
 最初にこの箇所を目にした時、私が真っ先に抱いた疑問は、モーセが思わず口にし…

ヘロデ王の最後(使徒の働き12:18~25)

「ヘロデ王の最後」使徒の働き12:18~25教会の主なるイエス・キリストの父なる神さま、尊い御名を賛美します。雨が続いておりますが、私たちの健康を守り、こうして今週もあなたを礼拝するためにこの場に集わせて下さり心から感謝します。これからみことばに聞きますが、どうぞ御霊によって私たちの心を整えてくだり、よく理解し、あなたのみこころを悟らせてくださいますようにお願いします。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメンエルサレム教会では、それまでのユダヤ人からの迫害に加えて、その当時領主としてエルサレムを治めていたヘロデ王(ヘロデ・アグリッパ1世)からの弾圧も加わり、まずは見せしめとして使徒ヤコブが殺されました。それがユダヤ人に好評だったので、ヘロデ王はさらにペテロも捕らえ、投獄しました。ところが公開処刑されることになっていた日の前の晩、獄中にみ使いが現れ、厳重な監視の中にいるペテロを連れ出したのでした。ペテロのために祈っていた家の教会は、はじめはペテロが玄関口にいるという女中ロダの証言を信じなかったのですが、実際にペテロの無事な姿を見て大喜びして神を崇めたのでした。ペテロは事の一部始終を兄弟姉妹に報告して、追手が来る前にそこから立ち去りました。「朝になると、ペテロはどうなったのかと、兵士たちの間で大変な騒ぎになった。ヘロデはペテロを捜したが見つからないので、番兵たちを取り調べ、彼らを処刑するように命じた。そしてユダヤからカイサリアに下って行き、そこに滞在した。」(18~19節)結局番兵たちは朝になるまで眠りこけていたようです。朝起きてみると鎖が外れており、ペテロがいなくなっていました。4人ずつ4組、16人いたという兵士たちは、おそらくエルサレムの城門をロックダウンし、都中を駆け巡りペテロを捜しますが、もう後の祭りでした。こうしてペテロはまんまと逃げきったのです。3年ほど前「逃げ恥」というドラマが流行りました。これはハンガリーのことわざ「逃げるは恥だが役に立つ」から来ていますが、確かに私たちの人生で、逃げた方がいい場面というのは少なからずあります。特に自分の命を守るために逃げることは恥ずかしいことでもなんでもありません。そういえばイエスさまの両親マリヤとヨセフもヘロデ大王による二歳以下の男の子殺害の命令が下ったとき、幼子イエスさまを連れてベツレヘムからエジプト…

一歩を踏み出す

「一歩を踏み出す」ヨハネの福音書3章16節さて今日はバイブルキャンプデーですので、まずは私のキャンプにまつわる信仰の証しをしたいと思います。私は牧師家庭に生まれました。両親は青森県五所川原市の出身ですが、結婚してすぐに岐阜に引っ越したので、私は岐阜で生まれ育ちました。ちなみに松平先生は同じ教団の隣町の教会の出身で、私も先生のご両親とは面識があります。確か先生も兄弟が多かったと思うのですが、私も5人兄弟の二番目長女です。家は牧師家庭にありがちの貧乏人の子沢山で、牧師夫婦は家庭を顧みず、伝道牧会に励むのが美徳とされた時代に育ちましたので、両親はいつも忙しく、厳しくしつけられはしたけれども愛情いっぱいで育ったという自覚はありません。そんな私がイエスさまを個人的な救い主として信じたのは、小学校3年生の夏でした。はじめて教団のバイブルキャンプに参加したのです。岐阜の山奥、淡墨桜で有名な根尾にあるキャンプ場です。もともと私は超が付くほど恥ずかしがりやでした。幼稚園の頃から吃音もあったので外では口数も少なく、泣き虫で人間関係はいつも受け身でした。ですから今思うとキャンプの雰囲気になかなかなじめなかったのかもしれません。楽しいプログラムについてはほとんど記憶がないのです。ところが一人のカウンセラーの先生に信仰を導いていただいたことだけ覚えています。赤沢先生という名前でした。髪はショートカットで黒縁眼鏡をかけたやせ型、歳の頃は40代?の女の先生でした。赤沢先生は、お部屋の先生ではなかったのですが、キャンプファイヤーの後を利用して、個人的に丁寧に信仰を導いてくれました。イエスさまがわたしの罪のために十字架にかかって死んでくださったこと。それは、私の罪の身代わりだったということ。そして3日目によみがえってくださり、信じる者に新しいいのちをくださることを教えてもらいました。いつも教会学校で聞いていたはずなのに、その時は今までになく新鮮に響いてきました。兄弟が多く、いつもケンカが絶えませんでしたし、いい子ちゃんぶったり、ずる賢く他の兄弟に罪を擦り付けたり、親の愛を求めて他の兄弟に嫉妬したり、意地悪をしたり、自分の罪を自覚するのは難しいことではありませんでした。私はその先生に導かれるまま、自分の罪を告白し、悔い改めの祈りをし、イエスさまを心にお迎えしました。それまでも天地を創造されたまことの…

教会は祈っていた

「教会は祈っていた」使徒の働き12章12~17節天の父なる神さま、御名を心から賛美申し上げます。梅雨の季節、蒸し暑い日が続いておりますが、私たちの健康を支えて下っていますことを感謝します。東京では新型コロナウイルス感染者が100名を超す日が続き、熊本では大雨で川が氾濫し、大きな被害を出しました。神さまそれぞれの大変な状況にある皆さんに上に神さまの具体的な助けがありますように。神さま、私たちはこのような不安が絶えない時代にあって、あなたの御手のうちに守られ、こうして礼拝をおささげするために集められましたことを心から感謝します。しばし日常のこのような不安、雑念から私たちをしばし解き放ってくださり、あなたのみことばに浸らせてくださり、あなたのみこころを行うことのすばらしさを体験させてくださいますように。心からお願いします。感謝しつつ。主イエス・キリストの御名によってお祈致します。アーメン12節は、「それがわかったので」で始まります。ペテロは何がわかったのでしょうか。それはこのすぐ前の11節を見ればわかります。「今、本当のことが分かった。主が御使いを遣わして、ヘロデの手から、またユダヤの民のすべてのもくろみから、私を救い出してくださったのだ。」自分がこうして解放されたのは、主が助けてくださったからだと告白しています。すっかり目が覚めて正気に戻ったペテロは、すぐに仲間のところに向かいました。そのままどこか遠くに逃亡することもできましたが、彼はそれをしませんでした。彼は知っていたのです。教会の仲間が自分のために祈ってくれていたということを。そしてペテロは祈ってくれていた仲間に、神さまがどんなふうに自分を救ってくださったのか報告したかったのです。祈り合っている仲間、教会というのはそういうものです。私たちが宣教師だったころ、4年に一度いつも祈ってくださっている皆さんに宣教報告をするために教会訪問しました。また毎月教団から発行される教団誌『世の光』に宣教報告を載せました。それは皆さんの祈りが、この異国でどんなふうに答えられたのかを報告するためです。ペテロはそのように祈りの場へと急いだのです。さて、ペテロが向かったのは、「マルコと呼ばれているヨハネの母マリアの家」でした。この家は裕福な家で、広いお屋敷を持っていました。一説によると、イエスさまが昇天した後、皆がエルサレムに戻って一つ所…

はじめに神が(創世記1:1~5)

「はじめに神が」(創世記 1:1~5)天のお父様、感謝します。神の言葉に耳を傾けるこのひと時、聖霊が私たちの心を照らしてくださり、あなた御自身を、そしてあなたの御業を深く理解することが出来ますように。ひと時を御手にゆだねながら、イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン!マルティン・ルターは、聖書全体を理解するためには三つの教えを学ぶ必要があると言いました。それは使徒信条、十戒、主の祈りの三つです。私もその通りだと思い、今回は使徒信条、「我は天地の造り主を信ず」という冒頭の部分から学んでいきたいと思います。1.天地のデザイナー・メーカーの存在1節 「はじめに神が天と地を創造された。」 これは歴史の始め、世界が時を刻み始めたその時、ということです。その時すでに神がおられ、その時、神はまず天地を創造した。それで歴史は動き始めたのだと、聖書は高らかに宣言していきます。 人によっては、こうした始まり方を不親切と感じる方もあるかもしれません。なぜなら、歴史の始まる前にすでに神がおられたことを当然のこととして始めているからです。神がいることの説明もなければ、断りもない。こういう始まり方は不親切でしょうか。よく考えた上での私の結論は、やはりこれでいいのだと。聖書では、神がいることを説明する必要もないし、論じる必要もない。 例えば、ここに花が活けてあります。美しい花です。ということは、これを活けた人がいる。当然です。偶然ここにあるわけじゃありません。また、会堂の入り口には、時計が掛かっていて時を刻んでいます。時計があるということは、それをデザインした人がいて、作ったメーカーがあるということ。それも当たり前の話。 じゃあ、もっと広く世界を見渡しましょう。でも道理は同じ。ここに世界があります。私たちの暮らす地球。それは会堂にかかっている時計よりもはるかに精巧で、一年に一回、太陽の周りを一周する。それほど正確な地球ですから、その背後にデザイナーがいるのは当然ではありませんか。また世界の中には、繊細で美しいいのちが生きています。花を見ていると思います。いのちは美しく繊細だと。そんないのちの背後にもデザイナーがいる。考えてみれば、これは当然のことではありませんか。 そのようにこの世界、そして存在する生きとし生ける物すべてにデザイナー、造り主の神がいます。それは、あらゆるものの存…